様々な症状が引き起こされる骨盤の歪み

日常生活における姿勢が悪かったり、また運動不足などが慢性化している現代人は骨盤が歪みやすいと言われています。
骨盤の歪みやそれに伴う症状を自覚してきたら、なるべく早めに骨盤矯正を実践するようにしましょう。実は骨盤に歪みが生じることで、様々な症状が起こり、大きな悩みとなってしまうことがあります。
自宅で骨盤矯正をすることも可能ですが、多くのエステでも骨盤矯正メニューがありますので利用してみても良いでしょう。

 

適切な位置を保つことが出来なくなってしまい、そもそも骨盤は姿勢の悪さや運動不足などの影響で歪みが生じているのです。
正常な位置に骨盤が来ていなければ、女性の悩みである生理痛や便秘などといった症状を悪化させてしまうことになります。





浮気調査ナビ
浮気調査のこと
URL:http://www.tantei-total.com/


様々な症状が引き起こされる骨盤の歪みブログ:2017-4-19

ダイエットを実践していく上では、
行動できた自分を褒めるという事によって、
次の行動を喜んでできる自分を作り上げていくことが大切です。

決して、自分を甘やかすということではなく、
褒める対象を、行動できた自分とすることによって
次の行動もしくは、行動を継続することへのモチベーションを
強化することなんです。

具体的に言いますと…
「今日はダンベルを10回やった」自分を褒めて、
「次の日もやろう」
とか、
「次の日は11回やってみよう」
という感じで、次の行動に繋げていくのです。

「行動できなかった自分を責める」
と言う風に考えてしまうと、次の行動に繋がりませんし
劣等感と後悔とストレスが溜まるだけです。

だから
できないことや苦手なこと
例えば、おかしを夜中に食べてしまったなど…
に焦点をあてるのではなく、

得意なことや好きなこと、
例えば、ダンベルできた、玄米のご飯が美味しかったなど…
をクローズアップすることが大切なのです。

できないことを責めていても意識がそちらに向いてしまうと、
なかなか直りません。

だからいくら
「夜中におかしを食べてしまった」と自分を責めていても、
夜中におかしを食べる癖は直らないのです。

それより、
ご飯を食べた後は、リラックスできる音楽を聞きながら、
アロマを楽しんだり、マッサージをしたりして気分をリラックスさせて、
おかしを食べたくなる前に、
早く眠るように生活習慣を付けるようにするなど…

自分の好きなことに目を向けて自然と直るようにすることが、
ストレスを溜めないダイエットの秘訣だと思います。